平成から令和に替わり、新しい時代の「幕開けの1学期」となりました。 園児たちは「新しい時代を気にすることもなく」園生活を楽しんでいます。 毎日新しい発見をしていることで、平成と令和の違いを感じることはないようです。 ですから、幼児教育は時代に囚われない指導しなければなりません。当園はどんな時代にも対応できる園児たちを育てたいと想っています。

 

 さて、1学期の印象的な出来事は「親子ふれあいの日」行事にありました。 体育館でのミニミニ運動会は、園児と父親が活動し、母親はカメラマンとして活躍する家庭が多くありました。当園オリジナルの「親子体操」は、少し疲れるけれど「楽しみたい」と声があり、父親の奮闘ぶりは、家族での楽しい会話を導いたようです。教室での活動も、親子製作を楽しんでいただきました。今後も、当園が主張する「子育ては楽しむもの」を実践したいと想っています。

 

 今年の入園式は、年少組が5クラスとなり賑やかな入園式となりました。大勢の家族が1枚の写真に収まった入園記念写真を見るたびに、「当園の教育に期待するもの」を感じます。卒園のときは「満足」と言っていただけるような活動をしたいと想った次第です。

 

 4月はクラス顔合わせ会、家庭訪問があり、1年間の準備期間の1ヶ月でした。そのお陰で1学期後半には「落ち着いた生活」ができるようになりました。これも、この準備期間を父母様にご理解いただいた賜物と想っています。

 5月は親子遠足を行いました。今まで、中山競馬場での遠足でしたが、馬場改修により、場所をアンデルセン公園へ変更し行いました。天候にも恵まれ、楽しいひとときでした。あまりにも広い公園、他団体も多くあり、園児たちの活動が「見え難い」ことがありましたが、後日、業者が撮影した写真を見たとき「親子で笑う写真」が多くあり、遠足を楽しんでいたことが判りました。

 年長児は、5月に「海を見る遠足」も楽しみました。「海を見る遠足」ですが、天候にも恵まれ「検見川浜の浅瀬」での水浴びになりました。友だちと一緒に貝殻を拾い、小魚を見つけ、楽しさの中で「クラスの連帯感」を導くことにも効果があったようです。

 6月の印象的な出来事は、農園での「枝豆採り」でした。降雨が続き、予定日より少し遅くなった収穫となりましたが、園児たちの笑顔は最高潮でした。 「今晩は、『お豆ご飯』が食べたい」「お父さんの喜ぶ顔が見たい」と言いながら、小さな身体で沢山の枝豆を抱え、帰りの送迎バスに乗る姿に「頼もしさ」を感じました。

 その他、年長児は10月の運動会で披露するマーチング練習が始まり、教室からは「鉄腕アトム」の曲が聞こえてきます。

 

 「現在を楽しみながら、未来に向けて努力する力を養う」これが当園の教育です。 そこには父母様の協力も必要です。 幼児教育の無償化が、「教育の無関心」になることなく、父母様の協力を得ながら、今後も、子育ては「楽しむもの」を実践していきたいと想う昨今です。