今年の秋の話題は「台風」になってしまいました。

 

 台風15号で房総半島が壊滅状態になり、台風19号で追い打ちをかけられ、自然の驚異を知らされました。 台風のような天災を克服するのは、人間同士が協力することが大切です。

 

 昨今、個人主義の台頭がありますが、幼児教育こそ「協力」を指導すべきと想っています。 運動会では、マーチング、パラバルーン、クラス対抗リレー、玉入れ、親子競技など、ひとりではできない競技を沢山経験しました。 こどもたちは、言葉で「仲間」を知るのではなく、体験を通して「仲間」を知ります。

 

 自然災害は、無いことが一番良いことですが、苦しいときの「協力」を、父母様が子どもたちにも見せて欲しいと思っています。

 

 さて、10月22日に天皇陛下「即位礼正殿の儀」があり、日本の歴史を知る機会がありました。日本人として、日本の歴史、皇室の歴史、あるいは、自身の生い立ちを知ることは大切なことと想っています。

 

 幼児教育にも歴史があり、特に昭和31年に、当時の文部省から幼稚園教育要領として、6領域(健康、社会、自然、言語、音楽リズム、絵画製作)が示されたことは、大切にしたいと想っています。また、平成元年に6領域を5領域(人間関係、健康、言語、表現、環境)に変える改革がありました。 その後も幼稚園教育要領の改訂があり、平成29年度の改訂で、それまで5領域の人間関係の中に「友だちとの関わりの中で、言ってはいけないことや、してはいけないことがあることに気づく」という項目がありましたが、削除されてしまいました。

 

 現在は、この言葉の替わりとして、「よいことや悪いことがあることに気づき、考えながら行動する」になっています。 すると、相手から嫌がらせを受けたとき「やられたから、考えた結果、やり返した」という行動が、すぐに否定できなく成ってしまったのです。

 

 両親であれば「言ってはいけません」「してはいけません」ということが言えますが、 幼稚園教育要領が「曖昧」になることで秩序が乱れています。

 

 先日、ある保育雑誌を読むと「2歳児の給食バイキングで残飯減少」の記事がありました。2歳児に食べ物を選択させれば、残飯が減り費用が少なくて済む。無理矢理食べさせれば時間を要して、挙げ句の果てに「保育所に行きたくない」と言われてしまうというのです。 つい最近まで、保育所には学習指導要領はなく、認定こども園は、最近の法律の中で設置された施設であるため、幼稚園教育要領の内容を曖昧にして、保育所にも、認定子ども園にも使えるような教育要領に変えてしまったのです。

 

 私は、数年前まで、全日本私立幼稚園連合会の政策委員をしていたとき、当時の文部科学省の幼児教育課長と話をしたことがあります。 この役職(幼児教育課長)に就くには、並大抵の努力では就任できないポストです。ですから、就任したからには「功績を残したい」願望があるようです。 要するに、どこかの法律、制度、指導要領を変えたいのです。 その結果として、いつの間にか「友だちとの関わりの中で、言ってはいけないことや、してはいけないことがあることに気づく」が、削除されてしまったのです。

 

 それでは、現在、子育てをする者としては、どうしたらよいでしょうか。

 

 それは、幼児教育の歴史を知ることです。 昭和31年に作られた幼稚園教育要領は、戦後混乱の後、当時の幼児教育の専門家が苦心して作成したものです。 医学なら「昭和の医学は古い」と言えますが、幼児教育は「昭和」「平成」「令和」の良いところを取り入れた教育をすれば良いのです。 親子三代が理解できる、共通の教育をすることが大切なのです。

 

 父母様には、入園の際、昭和時代の幼稚園教育要領「第蕎蓮⇒鎮娜犇軌蕕瞭睛董(6領域・灰色プリント7枚)、平成元年改訂の幼稚園教育要領(1枚目人間関係、1番「喜んで登園し、先生や友だちに親しむ」(5領域・黄土色のプリント5枚)、そして、現在の幼稚園教育要領[平成29年告示]の小冊子(フレーベル館発行)を配布しています。

 

 是非、もう一度お読みいただき、ご家庭の教育方針と照らし合わせてください。 きっと今まで以上に、幼児教育の大切さが理解していただけるものと想います。

 

 追伸、上記資料をお持ちでない方は事務室までお申し出願います。(園長)

 9月9日早朝、千葉県を襲った台風15号は甚大な被害を与えました。

 

 当園でも、子育て支援センターの看板が飛び、夏見の農園に被害がありましたが、臨時休園させていただき子どもたちの身体に被害がなかったことに安堵しています。しかし、千葉市より東方地域では、鉄塔や電信柱が倒れる、屋根が飛ぶなどの被害があり、停電、断水があり、今もインフラ復旧を急いでいます。地元千葉県の被害だけに、今後の対応・対策が気がかりです。

 

 尚、9月20日に当園が加入する日本赤十字社より募金要請がありました。ご協力をお願いします。

 

 さて、園だより10月号の題名「物事を最後までやり通す忍耐や体力のある子に」は、当園の教育目標の5番目に書かれたものです。対象が3歳児から5歳児であれば、違和感のない教育目標です。ここに2歳児が入ると、この教育目標は通用するでしょうか。

 

 世間では「働き方改革」が叫ばれ、10月からの幼児教育無償化も、新2号子どもに対して「預かり保育の無償化」「給食費の無償化」がセットになり、「大人社会の生き方」が強調されています。また国家は、子どもを預ける気持ちに「後ろめたさを無くすため」、今まで「保育に欠ける子」と表現していた0歳児・1歳児・2歳児の保育、及び養護を「保育を必要とする子」と言い換えて示すようになったのです。そして、国家の養成を受け、教員養成大学では、母親代わりの保育士を増やすことが必要として、自身の気持ちを言葉で伝えられない0歳児、1歳児、2歳児の心理を研究することがメインとなってしまいました。内閣府でも0歳児から5歳児を一括して指導することを求め、福祉としての保育所、及び認定子ども園制度を進めています。

 

 一方、現代は医薬分業、医療も内科医、外科医、精神科医など細分化しています。弁護士も、企業弁護士、離婚調停弁護士などがあり細分化しています。世の中が細分業化しているにも関わらず、幼児教育だけが「教育を一括する」という「逆行」を求めているのです。それは、子ども中心ではなく、第三者が決定する政策になっているからです。

 

 万が一、当園が2歳児教育を行うとしたら「物事を最後までやり通す、忍耐や体力のある子に」を排除することが求められてしまいます。

 

 当園が行う0歳児、1歳児、2歳児教育は「親子教室」です。多少、わがままな子どもがいても、親御様が修正して社会性のある子へ導いています。この用紙の裏面で、日本教育新聞2019年9月2日発行の記事「移行対象が与える安心感」を紹介します。

 

 大豆生田先生は「母親がいないときでも、困難を乗り越える力が必要」としています。ウサギの縫いぐるみに対して、2歳児が発する「赤ちゃん、ママ早く帰ってくるからね。大丈夫よ」の言葉を、「寂しさを紛らわす言葉」と捉えるのではなく、困難を乗り越えるために必要な行動としているのです。

 

 昨今の子育て理論は「親がいなくとも子どもは育つ」の考え方で、児童福祉政策が成り立っています。それを当たり前のように考える教育学者が、特殊な環境を例にあげ、一般化して話しています。

 

 しかし、幼いときは、父母様から沢山の愛情を受けるから「頑張る力」が沸いてくるのです。物事を最後までやり通す、忍耐や体力のある子に育てるには、親御様の子どもとの関わりと、3歳児から5歳児の心理を専門的に研究する幼稚園教諭の力が必要なことを知って欲しいと思っています。

 

日本教育新聞2019年9月2日発行の記事「移行対象が与える安心感」(リンク)

 今年も暑い夏となりました。 テレビのニュースでは「熱中症を避けるためエアコンを使用しましょう」と伝えています。すると、エアコンの室外機から暖かい空気が放出され、益々、屋外が暑くなります。大袈裟ですが、アラスカの氷が溶けているのも便利な生活の代償かも知れません。 便利に慣れてしまった現代人は、子どもたちにも、今まで大人たちが歩んだ自然崩壊を追随させるのでしょうか。

 

 9月初旬から、10月5日の運動会に向けて練習を開始します。 残暑厳しい季節ですが、熱中症に注意しながら、なし狩り遠足や運動会練習を行い、自然との共存ができる子どもたちを育てたいと想っています。

 

 さて、この夏は10月からの「幼児教育無償化」の準備になりました。 父母様には、1学期末までに書類を提出していただきましたが、変更などの問い合わせがあり、10月以降も多少の混乱があるような気がします。 子育てに必要なことは「慌てない」ことです。今後も船橋市や習志野市から書類提出の要請があると思いますが、ご協力をお願いします。

 

 「幼児教育の無償化」は、子どもを私立幼稚園に通わせる父母様にとって、戦後(昭和20年)以来の悲願でした。昭和30年に私立幼稚園就園奨励費補助制度が出来ましたが、それまでは、福祉施策の一環として生活困窮家庭を救済する制度のみでした。 その後、元総理大臣・森義朗氏が中心になり、幼児教育振興として父母様と幼稚園教諭が一体となり活動したことで、私立幼稚園就園奨励費補助制度が確立したのです。 しかし、生活困窮家庭、あるいは低所得者のみが受給できるこの制度には、不備があると訴え続け、少しずつ所得制限が引き上げられ、ようやく、令和元年10月から、所得に関係なく補助が受けられることになりました。

 

 ですから、今回の制度改革は、幼児教育無償化ではなく、「私立幼稚園就園奨励費補助金の所得制限撤廃」が本来の言い方です。

 

 「より良い幼児教育を実現するための制度改革」なのです。 このことによって、子どもの育て方が変わるのではありません。 今まで以上に、子どものために金銭や時間を、どのように費やすかが問われているのです。 先に述べたように、子どもたちの生活環境は悪化の一途です。 このままでは、大気の暑さは知っても、家庭の温かさを知らない子どもたちが育ってしまいます。

 

 しんめい幼稚園では、常々「子育ては楽しむもの」としていますが、国家から、この言葉を聞いたことはありません。 この原点を失った子育ては、「子どもたちの将来を考えない子育て」であり、無償化が「親子の絆を希薄なもの」にしてしまいます。

 

 人間の生き方が千差万別になり、子どもの為より、自分自身の生き方を優先する思考が蔓延っていますが、オリンピック選手の両親は、お金と時間を子どもの為に注ぎ込んでいます。

 

 子どもの夢を叶えてあげるのが「本来の親」なのです。

 

 今回の幼児教育無償化が世の中を二分するに違いありません。 現在、国家も外交問題・年金問題などで苦しんでいますが、将来の子どもたちの活躍に夢を託しての幼児教育無償化です。 幼児期は、親子の絆を深め、子どもに大きな夢を持たせることが「親の務め」と感じる昨今です。